読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨコハマ映画祭 2016 今年の登壇者は「海街diary」の綾瀬はるかさんです!

映画祭

f:id:sakuraa0001:20160208004710j:plain

 

2月7日「第37回ヨコハマ映画祭」が開催されました。

ヨコハマ映画祭は会社員や学生など日本映画ファンがボランティアで主催する
映画祭です。2015年度の日本映画ベストテンと個人賞は去年の12月に决定され
ています。

2月7日は上映会と表彰式でした。

 

 

 

 

ヨコハマ映画祭」日本映画ベスト10が決定

海街diary」が5冠

 ヨコハマ映画祭公式サイト

 

 第37回「ヨコハマ映画祭」の表彰式と上映会は、横浜市関内ホール
横浜市中区住吉町4)で開催されました。

当日は、「海街diary」「お盆の弟」「あん」の同映画祭トップテン入りした
3作品を上映するほか、各賞受賞者やゲストを招いた表彰式などが開催
されました。

 


ヨコハマ映画祭」グランプリは是枝裕和監督の「海街diary

小学館月刊フラワーズ」にて大人気連載中、発行部数累計250万部を
誇る吉田秋生のコミック「海街diary」が是枝裕和監督により映画化。

2015年6月13日より公開

 

f:id:sakuraa0001:20160208012040j:plain

              海街diary

 

ベストセラー作家・吉田秋生の同名コミックを実写化した人間ドラマで、
鎌倉を舞台に家族の絆(きずな)が描かれます。

同映画祭で作品賞、監督賞、撮影賞、主演女優賞、最優秀新人賞の
最多5冠を獲得しました。

 


綾瀬はるかさん、ヨコハマ映画祭表彰式に出席

 

f:id:sakuraa0001:20160208005317j:plain

 

第37回ヨコハマ映画祭の表彰式が7日、横浜市内で行われ、作品賞など5冠を
獲得した「海街diary」(是枝裕和監督)で主演女優賞に輝いた綾瀬はるかさんが
出席しました。

しっかり者の長女・幸を演じた綾瀬さんは「本来の自分とは、かけ離れた役柄。最初は難しいと思ったけど、やっていくうちに『こういうところもあるかも』と気付かせてくれた」と笑顔で語りました。

 

日本映画ベスト10

1位は是枝裕和監督の「海街diary

2は橋口亮輔監督の「恋人たち」

3位は武正晴監督の「百円の恋」

4位「バクマン。」(大根仁監督)

5位「野火」(塚本晋也監督)

6位「あん」(河瀬直美監督)

7位「岸辺の旅」(黒沢清監督)

8位「トイレのピエタ」(松永大司監督)

9位「お盆の弟」(大?章監督)

10位「さよなら歌舞伎町」(廣木隆一監督)

 

主演男優賞

「あん」の永瀬正敏さん、
「お盆の弟」「アレノ」の渋川清彦さん。


主演女優賞

海街diary」の綾瀬はるかさん。


最優秀新人賞

広瀬すずさん(「海街diary」)、
杉咲花さん(「トイレのピエタ」「愛を積むひと」)、
藤野涼子さん(「ソロモンの偽証 前篇・事件」
         「ソロモンの偽証 後篇・裁判」)。


森田芳光メモリアル新人監督賞

「トイレのピエタ」の松永大司監督


特別大賞  

樹木希林さんが受賞されました。

 

 

 

 

 

海街diary」が5冠で圧倒的な1位でしたが

 

ここで注目の映画があります。

日本映画ベスト10の3位に選ばれた武正晴監督の「百円の恋」です。

脚本賞も受賞しています。足立紳さん (『百円の恋』『お盆の弟』)

 

 「百円の恋」

f:id:sakuraa0001:20160208005633j:plain

f:id:sakuraa0001:20160208005650j:plain

劇場公開日 2014年12月20日

 

松田優作の出身地・山口県で開催されている周南映画祭で、2012年に
新設された脚本賞「松田優作賞」第1回グランプリを受賞した足立紳の
脚本を、「イン・ザ・ヒーロー」の武正晴監督のメガホンで映画化。

不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく
姿を描いた作品。

実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカ
してしまい、やけになって一人暮らしを始める。

100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その帰り道に通るボクシング
ジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。

しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らもボクシングを始める。

14年・第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞。


キャスト

安藤サクラ  一子
新井浩文   狩野祐二
稲川実代子
早織
宇野祥平

 

「彼女がいなければこの映画はできなかったな、と「百円の恋」を観る度に思ってしまう。今年の2月、シナリオを読んだ彼女がオーディションにやって来てくれた。

強くなりたくて中学の時、ボクシングジムに通っていたと少し恥ずかしそうに教えてくれた。目の前に主人公の一子が座っているように思えた。」

と、武正晴監督は語っています。

 


安藤サクラ×新井浩文、全身全霊を注いだ「百円の恋」


「百円の恋」は、女優・安藤サクラが「戦える、そして戦えたいと思った
映画」。安藤がひたすら殴り、殴られ、転び、立ち上がり、ほえる。

いま、そんな安藤の“戦えぶり”を賞賛する人が後を絶たない。

確かに、大げさではなくここまで“戦える”女優は安藤以外になかなか
思い浮かばない。そんな安藤を真正面からぶちのめし、受け止めた
新井浩文

2人の熱気がほとばしる「百円の恋」は、現在の日本映画界にも大きな
風穴を開ける。

 

安藤サクラの時代がきたという方もいました。

この映画はおススメです。

 

 「百円の恋」

第39回日本アカデミー賞優秀作品賞にも選ばれています。

日本アカデミー賞公式サイト

 

第39回日本アカデミー賞の授賞式は3月4日(金)です。

優秀作品賞にノミネートされた5作品から最優秀作品賞が

選ばれます。

こちらもお楽しみに!