2月17日は「天使の囁き記念日」 北海道幌加内町の母子里でイベントが開催されます!

 

f:id:sakuraa0001:20160213002839j:plain

                      2月17日は「天使の囁き記念日」です。

                    北海道雨竜郡幌加内町の有志の方が制定しました。

                   1978年2月17日に、ここ母子里ではマイナス41.2度を記録しました。

                   このこと記念すると共に、その生活を多くの人に体験してもらおうと、
                   1987年から毎年イベントを行っています。

 

 

 

 

 

 記念日のイベント 「天使の囁きを聴く集い」

 

2月13日(土)クリスタルパークでのライトアップイベントを行います。

「天使の囁きを聴く集い」は、日本最寒の地「母子里(もしり)」で北国の
暮らしを体験するイベントです。

(天使の囁きとは、空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダスト
 のことです。)

 

 

● コンカフェがオープンします

f:id:sakuraa0001:20160214221653j:plain

記念日当日は、母子里の有志によりカフェの営業があります。

管理棟そばのコンテナカフェ(通称:コンカフェ)にて、母子里の有志に
よるカフェが営業されます。

こだわりのコーヒーや、母子里で取れた食材を使った食事が提供されます。

 

 

ライトアップイベント

 期間 2月13日(土)17:00~22:00
※悪天候の場合は中止となります。

場所 母子里クリスタルパーク

天使の囁きを聴く集い 実行委員会事務局

 

 

母子里クリスタルパークについて

 

f:id:sakuraa0001:20160213005330j:plain

                      モニュメントのライトアップ


昭和53年2月17日、幌加内町の母子里(もしり)地区で、日本最寒気温となる
マイナス41.2度を記録したことを記念して作られた施設です。

 

敷地内にある、特徴的なデザインのモニュメントは「クリスタルピークス」
という名称で、凍てつく寒さの中のつららをイメージしています。


なお、マイナス41.2度を記録した2月17日は「天使の囁き記念日」として、
日本記念日協会から正式に認定されており、 毎年2月には「天使の囁きを聴く集い」
のイベント会場として、モニュメントのライトアップやセレモニーが行われています。


管理棟内には、近年の気温の推移などの寒さに関する展示室があるほか、
「日本最寒地域到達証明書」を100円にて発行しています。


パークゴルフ(18ホール)も楽しめ、管理棟で用具のレンタル(300円)も
行っています。


春には、カタクリやエゾエンゴサクの群生が見られるため、カメラ片手に
散策に訪れる方も多くいらっしゃいます。

 

 

北海道幌加内町(ほろかないちょう)


北海道中部、天塩(てしお)山地を流れる雨竜(うりゅう)

川上・中流域にある町。雨竜(うりゅう)郡。

稲作・酪農とテンサイ・ジャガイモ栽培が盛ん。

ソバの生産は日本有数。

北部にダム湖の朱鞠内(しゅまりない)湖があり、

一帯は朱鞠内道立自然公園に属します。

 

 

北海道幌加内町の母子里は「日本最寒地域」


日本最寒気温のマイナス41.2度を記録した母子里って凄い

と思います。

この気温でどんな状態になるのか想像外で予測不能です。

寒いのはいやですが、ライトアップは綺麗ですね!