読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京・銀座に鉄道模型店の「ポポンデッタ」 がバーをオープン!利用客はどんな層?

 

f:id:sakuraa0001:20160223230911j:plain

 

 

 鉄道模型店が銀座でバーを経営する理由

 

鉄道模型店のポポンデッタが銀座でバーを経営する理由は、
マニア向けと思われがちな鉄道模型を、もっと多くの人に
楽しんでもらえるような場を提供するためです。


飲食店なら、通常の模型店よりも入店のハードルを下げられますね。


すでに、鉄道ジオラマを見ながら食事ができる鉄道カフェを3店舗
展開していて、ファミリー層を中心に人気を集めているそうです。


次は、大人向けにも鉄道模型を楽しんでもらえる場をと構想を
温めていた矢先、銀座で別の会社が経営していた鉄道バーが
閉店するため、店を引き継がないかという話が舞い込んできました。


世界の一流ブランドの店が立ち並ぶ銀座という街自体には、情報発信力
があり、この街に出店することで、大人の人々に鉄道模型の楽しさ、
魅力を発信していけると考えました。

 

 

 

 バー内を8種類の鉄道模型が常時走行

  

f:id:sakuraa0001:20160223231946j:plain

        

  JR新橋駅の銀座口改札を抜けて徒歩4分。銀座の街なかにあるビルの8階に、
「バー銀座ChouChouPOPON」はあります。

 

 店内の照明は抑えめで、落ち着いた雰囲気です。

 

 レジ付近およびL字型のカウンターテーブルの奥には、「昭和の銀座」や
「地方都市」など4テーマのジオラマがあり、その中を北海道新幹線
「はやぶさ」、寝台特急「北斗星」といった鉄道模型が行き交っています。

 

カウンターのどこに座っても、違った眺めが楽しめる趣向になっていて
カウンター席の向こうにあるテーブル席の後方にも、壁に投影された夜空の
星々の下を鉄道模型が走るジオラマを配置。

 

 レールの長さは合計で105m、鉄道模型は8種類を常時走行させ、種類は
定期的に入れ替える予定です。
.

  

 鉄道エンターテインメントバーとして

 

f:id:sakuraa0001:20160223231414j:plain

            バー銀座 ChouChouPOPON」の店内を走る鉄道模型 

 

鉄道エンターテインメントバーらしく、1日に2~3回の割合で、スタッフが
「トレインナビゲーター」として、走行している鉄道模型の紹介と鉄道に
まつわる朗読劇も行います。

 

トレインナビゲーターは、声優やナレーターといった声の仕事に携わる
人材が担当。朗読劇のシナリオも放送作家に依頼しています。

 

メニューでは、各種カクテルやワインなどのドリンクや軽食に加え、
辛口のジンにキュラソーを加えた「北斗星~24系25型~」など、
オリジナルの鉄道カクテルも用意しています。

 

 

  銀座から鉄道模型の楽しさと魅力を情報発信

 

 

目指すは「鉄道をテーマにした銀座の夜の社交場」です。店内の照明は
ムードを重視して暗めに設定、ジオラマもよりリアルな格好よさを追求
するなど、大人の雰囲気を演出。

 一方、あくまでも鉄道の楽しさを伝えるための場と位置づけ、鉄道模型
の販売は行いません。

 開店前の宣伝は鉄道模型ファン対象に行っていましたが、いざフタを
開けると、来店客の約7割を非鉄道模型ファンが占めました。

 ポポンデッタでは、サービスの質をさらに高めるよう力を注ぐとともに、
エンターテインメント企画のノウハウを他の店にも応用したい考えです。

 加えて、同店のような大人向けバーの新たな進出先についても検討中
としています。

 

  

店内の素敵な雰囲気が伝わってきますね。

ここで、鉄道ジオラマを見ながら鉄道模型の紹介と

鉄道にまつわる朗読劇を鑑賞できたら、鉄道模型の

ファンになってしまいそうです。

場所が銀座というのもいいですね~。