「ドラゴンプロジェクト」が2016年春にリリース決定。限定装備をもらえる事前登録がスタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

コロプラは2016年春に配信を予定している新作スマートフォンアプリ「ドラゴンプロジェクト」(iOS / Android)の発表会を 3月10日に開催しました。

 

「ドラゴンプロジェクト」とは

 

「スマホで本格マルチハンティングRPG」というキャッチコピーを掲げたアクションRPGで,最大4人のプレイヤーが協力して戦うボスバトルや,常時オンラインに接続され,ほかのプレイヤーとコミュニケーションを図れるなど,さまざまな特徴を持つ作品です。

 2014年にリリースした「白猫プロジェクト」(iOS / Android)について,それまでスマホゲーム市場で主流だったカードゲームやパズルゲームに慣れ,ゲームスキルの上がったプレイヤー層に向けて投入したアクションRPGでした。

 それから時が経ち,プレイヤーのニーズはさらに多様化し,端末のスペックも上がっている。そんなタイミングで現在の市場に向けて投入するのが,新作「ドラゴンプロジェクト」になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目玉となるのが,最大4人のプレイヤーがパーティを組み,協力して巨大な敵に挑むボスバトル。

片手剣/両手剣/双剣/槍/弓という5種類の武器があり,3種類まで装備することが可能。バトルでは戦況に応じて武器を切り替えられる点にも注目したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボスバトルのほかにも,ほかのプレイヤーとチャットやスタンプを使ったコミュニケーションを図ったり,ザコモンスターを狩ったりできる広大なフィールドが用意される。

ちなみに,フィールドはボスバトルとは異なり,4人以上のプレイヤーが一緒に遊べるようになるという。人数の上限は調整中とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「白猫プロジェクト」などでおなじみのユーザーインタフェース「ぷにコン」が採用されている。快適かつ爽快なアクションを楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲームの流れは,モンスターを狩ったり,街で依頼されたクエストのクリア報酬で入手したりした素材を用いて,装備を作成し,さらなる強敵を求めて広大なマップを開拓していくというもの。

 ストーリーは,モンスターを狩る職業「ハウンド」の一人であるプレイヤーが,フィールドの開拓に沿って世界の謎を解き明かしていくような展開になるとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスモデルは,基本プレイ無料のアプリ内課金制になります。詳細は追って発表されますが,装備を直接入手するような内容にはならない予定です。

また「白猫プロジェクト」同様に,スタミナの概念がなく,プレイヤーが遊びたいだけ遊べるようになっています。 

 

 事前登録はこちらから 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ドラゴンプロジェクト」公式サイト